『冥途』によせて

 この芝居を書きはじめて、ある晩、夢を見た。
 芝居の打合せのため、スタッフが我が家にやってきた。
「ちょっとお待ちください」
 茶の間に彼らを座らせ、書きかけのホンを探すが、見つからない。
 しかも私はさっきから便所に行きたくてしょうがない。
「おまえも探せ!」
 妻に命じ、私はもはや我慢ならず、便所に駆け込んだ。
 あった、あった。と、便所のドアの向こうで妻の声がする。
 それからスタッフたちの笑い声。
 私の書いたホンの悪口を言い合いながら、勝手にテキレジをはじめたらしい。

 またべつの晩、こんな夢を見た。
 妻が初めての海外旅行で浮かれていると、空港ロビーで、職員の男にこっぴどく叱られて、しゅんとうつむいてしまった。
 私が職員の男に詰め寄ると、男は小馬鹿にしたように鼻で笑った。
 それでもう私は完全に頭にきて、男の胸ぐらをつかみ、拳を振り上げたのだけれど、殴れば自分が悪者になってしまう。
 ぐっと怒りをこらえ、男の名札に目をやった。「安為」と書かれてある。なんと読むのだろう?
 ともかく、その菜を反芻して記憶に刻む。安為、安為、安為安為安為…。なんだかスペースインベーダーみたいだ。このインベーダー、いったいどうしてくれようか。
 
 と、そこで目が覚めた。
 どうせ夢なら安為の野郎をぶん殴っておくんだったと私が思った。

 

ピタパタ代表 今井一隆

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now